GRIND (グラインド)

serch
_SAI8984

Red Bull Music Festival Tokyo
“Major Force be with you
-30th anniversary-“

オールスターゲストで祝った
日本初のクラブミュージック・レーベルの30年

EVENT FASHION MUSIC 2018.10.30

去る9月30日、大型台風の直撃予報が出されていたこの日の東京は
終電の繰り上げが早くに発表され、いつもとは違うリズムで動いていたのを覚えている。
記念すべき30周年を祝うメモリアルなパーティーに台風まで呼び込んでしまうなんて、
これまでにも数々の伝説を作って来た<Major Force>ならではというか、
これはもう逆に楽しむしかないと覚悟を決めさせてくれた。あの日のこの街に
他で遊ぶ選択肢など残されてはいなかったのだから。鉄道の運休を考慮した
ライブ時間の短縮は残念だったが、それでもこの日本にクラブ・ミュージックを
根付かせてくれた彼らのビートを体感できたことは幸福な体験だった。

KK_30092018_MAJOR_FORCE_BE_WITH YOU__0985

KK_30092018_MAJOR_FORCE_BE_WITH YOU__1343

KK_30092018_MAJOR_FORCE_BE_WITH YOU__5608

_SAI9035

ゲストが代わる代わる登場!
ベスト盤のような展開に興奮

 1988年当時、ヒップホップグループ<タイニー・パンクス>として活動していた高木完と藤原ヒロシ、そして伝説のテクノポップ・バンド<プラスチックス>の解散後に結成したユニット<MELON>で活動していた中西俊夫と、工藤昌之、屋敷豪太によって創設された<MAJOR FORCE>は、日本初のクラブミュージック・レーベルとしてこの国のストリートカルチャーの黎明期を牽引した存在として広く知られている。その影響は海外にも波及し、ジェームズ・ラベル(Mo’Wax)ら多くのミュージシャンがリスペクトを表明。今回のイベントに先立って制作されたドキュメンタリー映像(https://www.redbull.com/jp-ja/videos/major-force-documentary)にも登場しているのでお見逃しなく。
 高木完、K.U.D.O.、屋敷豪太の3人を固定メンバーとしたこの日のステージは、そこに多彩な盟友たち(藤原ヒロシ、SDP、森 俊二、クニ杉本、田村玄一、momo、大西ツル、TOMOHIKO a.k.a HEAVYLOOPER、EGO-WRAPPIN’、立花ハジメ、島 武実)が代わる代わる共演していくというベスト盤のようなおいしいとこどりの展開で、早回しで見せられた30年の歴史に頭がパンクしそうになった。もちろん一曲一曲が大いに盛り上がっていたわけだが、中でもハイライトは1990年当時、高木完がプロデュースし、藤原ヒロシがリミックスを手掛けた名曲「N.I.C.E.GUY」をSDPが披露した中盤ではなかっただろうか。とにかくみんなが笑顔だった。
 そんなわけで実に幸福な時間を過ごすことができた反面、いや、そうであればあるほど、昨年他界した中西俊夫や、会場内に展示された写真の中のECDや川勝正幸のことを思い出して胸が熱くなった。30年も経てばそれは当然のことなのかもしれないが、やはり彼らの姿をステージ上に見られないのは悲しい。だからこそ他メンバーが今もこうして演奏し続けてくれていることは素晴らしく、同時に1988年当時の<Major Force>のようにフレッシュなエネルギーを持った”今”のミュージシャンたちにこそ目を向け続けなくてはいけないなと改めて思わされた。

 

 

_MG_4221

_MG_4016

_SAI8984

_SAI8733

_SAI8734

 

 

 

PHOTO_Keisuke Kato, So Hasegawa, Suguru Saito, Yasuharu Sasaki
TEXT_Yohsuke Watanabe