GRIND (グラインド)

serch
sh

THE DETAILS OF STYLE
"LEATHER SHOES"

今季の足元は黒の短靴で締める!
カジュアルなスタイルに
本格仕様の革靴を1点投入

FASHION MAGAZINE 2018.01.18

カジュアルなスタイルを楽しむ時に大人の品格として取り入れたい革靴。
中でも今季は、裾を絞ったパンツや半端丈のパンツに相性の良い短靴が気分。
ファッションアイテムにおいて革靴ほどクオリティの差が出るものはないし、
お金をかけるべき物だと言える。どうせ買うなら本物を買おう。

gr_note_00192_本番

<Church’s>の”Consul”
トラックパンツでハズす
ストレートチップを新解釈

コンサル(領事)と名付けられた大人でフォーマルな印象のストレートチップは、トラックパンツでカジュアルに着こなすのがGRIND流。ワッチキャップのワッペンやピンバッチでアクセントをつけ、あくまでストリートライクに着こなしたい。

 

Church’sのCONSUL ¥84,240/チャーチ表参道店 TEL_03-3486-1801、HED MAYNERのコート ¥183,600/Graphpaper TEL_03-6418-9402、UNUSEDのタートルネックニット¥35,640/H BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS TEL_03-6438-5230、PROJECT 96 のトラックパンツ ¥23,760/idea by SOSU TEL_03-3478-3480、GOSHA RUBCHINSKIYのニットキャップ¥8,100/COMME des GARÇONS TEL_03-3486-7611、RAF SIMONSのピンバッジ各¥27,000/ADDITION ADELAIDE TEL_03-5786-0157、Pantherellaのソックス¥3,024/O代官山 本店 TEL03-6416-1187、VitraのPetit Repos ¥344,520/hhstyle 青山ショールーム TEL_03-5772-1112

 

 

gr_note_00144_本番

<JOHN LOBB>の”Morval”
オーバーサイズの服に似合う
丸みを帯びたダブルモンクの傑作

<ジョンロブ>のアイコニックなダブルモンクの短靴は、オクトーバーソール仕様のカジュアルなソールなので、ストリートアイテムとも相性良くハマる。オーバーサイズのダウンにスウェットパンツで、エッジのある大人ストリートスタイリングがオススメ。

 

JOHN LOBBのMORVAL ¥226,800/ジョン ロブ ジャパン TEL_03-6267-6010、NAPA by MartineRoseのダウンジャケット¥129,600/jackpot TEL_03-3352-6912、Y/PROJECTのスウェットパンツ¥130,680/LHP原宿店TEL_03-5474-0808、REINHARD PLANKのハンチング¥38,880/トゥモローランド渋谷本店 TEL_03-5774-1711、VitraのPetitRepos ¥344,520/hhstyle青山ショールーム TEL_03-5772-1112

 

 

pc_0325_本番

<J.M.WESTON>の”Golf”
バギーパンツと相性の良い
雨の日でも履ける革靴

ぼってりとしたフォルムでストリート大人から人気を博す<JMウェストン>のゴルフは、底がラバーになっていて雨の日でも履く事が可能。デニムパンツやパーカといったカジュアルなファッションにも無理なく自然と合わせる事ができ、特にバギーパンツとの相性は抜群。

 

J.M. WESTONのGOLF ¥118,800/J.M.WESTON青山店 TEL_03-6805-1691、MARTINE ROSEのトレンチコート¥239,220/DOVER STREET MARKET GINZA TEL_03-6228-5080、Supremeのスウェットパーカ¥29,160/Supreme TEL_03-5456-0085、Levi’s®のSILVERTAB-BAGGY ¥10,800/LEVI STRAUSS JAPAN K.K. TEL_0120-099-501、VETEMENTSのウエストバッグ¥113,400 ※BACKPACKとセット価格/ADDITION ADELAIDE TEL_03-5786-0157、GOSHA RUBCHINSKIYのアーガイルソックス¥3,564/COMME des GARÇONS TEL_03-3486-7611、VitraのPetit Repos ¥344,520/hhstyle 青山ショールーム TEL_03-5772-1112

 

 

pc_0432_本番

<GRENSON×TOMORROWLAND>の”Exclusive model”
紐無し仕様のカジュアルな足元と
品のあるワントーンコーデの妙

クラシックなウィングチップのデザインに、シューレースとシューホールを排除しタンの裏側には ゴムをデザインし、ラフで自由を求める男にぴったりなスリッポンが完成。ベージュのワントーンで組めば、カジュアル過ぎないインテリジェンスな大人のスタイルを作る事が出来る。

 

GRENSON×TOMORROWLANDのスリッポン¥74520/トゥモローランド 渋谷本店 TEL_03-5774-1711、BED j.w. FORDのコート¥129,600/BIRTHLY CO.,LTD. TEL_03-6432-9313、Supremeのハーフジップスウェット¥29,160/Supreme TEL_03-5456-0085、LEMAIREのパンツ¥54,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL_03-3479-8180、Pantherellaのソックス¥3,240/O代官山 本店 TEL_03-6416-1187、VitraのPetit Repos ¥344,520/hhstyle 青山ショールーム TEL_03-5772-1112

 

 

gr_note_00007_本番

<CROCKETT& JONES>の”Lowndes”
カルチャーMIXでオーセンティックを履く

フューチャー感とパンキッシュな要素にアイビースタイルをMIXした前衛的なスタイルには、オーセンティックな革靴で足元を引き締めるのが鉄則。<クロケット&ジョーンズ>の中でもモダンでスタイリッシュとされるロウンズを選び、大人を演出したい。

 

Crockett & Jones のLOWNDES ¥91,800/ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL_03-3479-8180、SKOOKUM × Oのヴァーシティジャケット¥54,000/O代官山 本店 TEL_03-6416-1187、UMIT BENANのニット¥71,280/LHP原宿店 TEL_03-5474-0808、Graphpaperのハイネックニット¥19,440/Graphpaper TEL_03-6418-9402、PIGALLEのパンツ¥31,320/Diptrics TEL_03-5464-8736、白山眼鏡店のサングラス¥39,800/白山眼鏡店 WALLS TEL_03-5468-0397、Supremeのベルト ¥19,440/Supreme TEL_03-5456-0085、UNUSEDのソックス¥3,564/ROOTS to BRANCHES TEL_03-5728-5690、VitraのPetit Repos ¥344,520/hhstyle 青山ショールーム TEL_03-5772-1112

 

 

gr_note_00039_本番

<F.LLI Giacometti>の”Tassel Slip-on”
今気分なタッセルスリッポンを
スポーツMIXスタイルで合わせる

パーカ、ラインソックス、半端丈のパンツ。アクティブなスポーツMIXスタイルに合わせたい、<フラテッリジャコメッティ>のタッセルスリッポン。アッパーに英国のチャールズ・F・ステッド社のスーパーバックを使用する事で、独特の毛艶と滑らかな手触りを実現し上品な印象を与えてくれる。

 

F.LLI Giacomettiのタッセルスリッポン¥89,640/WHEELIE TEL_03-5458-7200、SELF MADE BY GIANFRANCO VILLEGASのファーコート¥259,200/ADDITION ADELAIDE TEL_03-5786-0157、GOSHA RUBCHINSKIYのスウェットパーカ¥19,440/COMME des GARÇONS TEL_03-3486-7611、HED MAYNERのカーゴパンツ¥69,120/Graphpaper TEL_03-6418-9402、TOMORROWLANDのニットソックス¥2,700/トゥモローランド 渋谷本店 TEL_03-5774-1711、VitraのPetit Repos ¥344,520/hhstyle 青山ショールーム TEL_03-5772-1112

 

 

 

Photo_Yuko Saito(horizont)
Styling_Masataka Hattori
Hair_Yusuke Morioka
Model_Max