GRIND (グラインド)

serch
callee87268_fin

CALEE
for GRIND Vol.72

日本の伝統工芸に着目した
アメリカンカジュアルの進化形

FASHION 2017.04.15

今シーズンの<キャリー>は昨今のトレンドの1つである”和”に着目。日本の伝統的な生地やデザインを大胆に落とし込み、日本の職人ならではのクラフトマンシップ溢れるコレクションとなっている。本特集ではブランドのルーツにあるアメリカンカジュアルと”和”を融合させた新しいスタイルを表現する。

callee87268_fin

Caleeの備後絣りハッピ¥32,400、レザーベスト¥69,120、S/Sアロハシャツ¥23,760、チノーズ¥17,712、ウォレットチェーン¥45,360、チェーンブレスレット¥23,760、レザーフェザーネックレス¥15,120/以上すべてStewards lane Tokyo

 

callee88155_fin2

CaleeのS/Sスーベニアシャツ¥19,440、オーバーオール¥29,160、ボーダータンクトップ¥8,640、ニットキャップ¥6,264、ブーツ¥66,960、チェーンブレスレット¥75,600/以上すべてStewards lane Tokyo

 

callee88431_fin

Caleeのユーズドペイントジャケット¥30,240、S/Sアロハシャツ¥23,760、ヘンリーネックTシャツ¥10,800、ユーズドペイントショートパンツ¥19,440、 Caleeのキャップ¥9,720、ビーズネックレス¥12,960、レザーウエスタンベルト¥56,160/以上すべてStewards lane Tokyo

 

callee87635_fin

callee88023_fin

Caleeのジャガードデニムジャケット¥32,400、ワークベスト¥17,280、S/Sチェックシャツ¥19,440、Tシャツ¥6,588、クロップドパンツ¥20,520、 ビーズネックレス¥12,960、スタースタッズウォレットチェーン¥23,760、ベルト¥43,200/以上すべてStewards lane Tokyo その他スタイリスト私物

 

callee87951_fin

Calee×EcuaAndinoのパナマハット¥15,120、Caleeのスーベニアジャケット¥49,680、S/Sミリタリーシャツ¥16,200、チノーズ¥17712、ニットキャップ¥6,264、ベルト¥21,600、ターコイズボロータイ¥23,760、レベルフラッグリング¥41040/以上すべてStewards lane Tokyo

 

callee87750_fin

(右)CaleeのL/Sオリエンタルパターンアロハシャツ¥27,000、S/SヘンリーTシャツ¥10,800、チノーズ¥17,712、アロハバケットハット¥7,020、レザーサンダル¥19,440、サスペンダー¥19,440、コンチョウォレットチェーン¥43,200/以上すべてStewards lane Tokyo
(左)CaleeのS/Sオリエンタルパターンアロハシャツ¥24,840、ボーダーニットセーター¥22,680、クロップドパンツ¥20,520、ブーツ¥66,960、グラシーズ¥21,600、ベルト¥19,440、スターボールウォレットチェーン¥43,200、時計¥56,160/以上すべてStewards lane Tokyo

 

 

CALEE
Real Japanese Wears Made By Real Craftsman

 

 

和から着想を得た最新コレクションで
日本の職人のスピリットを伝える

日本のクラフトマンシップに象徴される”和”をキーワードにコレクションを発表した今季の<キャリー>。その心中を探るべく、 ブランドのコメントとともに掘り下げていく。

ブランド哲学を反映した
日本の職人とのコラボ

 

 

 

 

 ジャパンプライドをコンセプトに掲げ、2004年にブランドを発足した<キャリー>。1990年代のアメリカンカジュアルスタイルをバックボーンとし、ブレることなくコレクションを展開し続けてきた。今季はそのジャパンプライドを全面に打ち出す〝和〞を軸とした印象的なコレクションを発表。コレクションを製作するまでに至った経緯や、考えを探るべくブランドに話を聞いた。
 「今シーズンは〝REALJAPANESEWEARSBYCRAFTSMAN〞をテーマに、日本の職人との繋がりの見えるコレクションにしました。昨年から〝和〞をキーワードにしてアイテムを製作していく中で、今季はしっかりと〝ジャパンプライド〞というキャリーの持つコンセプトをクロスオーバーさせようと思いました。それには、立ち上げからがっちり手を組んできたクラフトマンの方々が不可欠。その方々が描く〝和〞とはどんなアイテムなのか? その考えが今回のコレクションをスタートさせるきっかけになりました」。

 

日本の職人による伝統工芸は
アメカジのスピリットと通ずる

 

 

 

 

 <キャリー>のブランドの根底には、しっかりとしたジャパンプライドがある。そもそもアメリカンカジュアルとは、日本人がアメリカに憧れ日本独自の解釈で作ったスタイルであり、言わば日本人の感性が詰まったスタイルでもある。故に日本が生んだアメリカンカジュアルをバックボーンにする<キャリー>にとって、日本の職人の感性が宿る〝和〞なアイテムは必然なのだ。今季、特にブランドが推薦するアイテムは、日本の三大絣として知られる、備後絣り(ビンゴカスリ)だ。「絣という生地には、日本人としての心が凝縮されています。その心を持って備後絣を生地から製作出来た事は感慨深いものがあります。藍やインディゴと言ったJAPAN BLUEを取り入れた物作りには特にこだわりました」。他にも、日本の職人とコラボしたアイテムが多数展開されている。

 

ブランドが持つ個性とは
プライドを持つという事

 

 

 

 

 <キャリー>の魅力を語る上で特記すべき点はオリジナルで製作するマテリアル。流行りを作るのではなく、あくまでスタンダードな物作りに力を注ぐ。ワンシーズン着たらクローゼットに眠ってしまう物ではなく、長年着られる服作りだ。その為、素材、着心地、耐久性は必然的に良質なものであり、オリジナルを追求するという事になる。そのプライドこそが<キャリー>の個性でもあるのではないだろうか。日本人としての芯の部分に触れた今季のキャリーのコレクションから、今のファッションシーンに必要な日本人としての〝プライド〞を感じる事ができた。今後はより一層、ジャパンプライドをベースとした物作りで、海外にも視野を入れていく方向とのこと。<キャリー>の服作りの目線は常に先を見ている。

 

 

USED PAINTING SET UP

_RK_4112本番

3Bジャケットとショーツの素材はコットンにポリウレタンを混紡し、ストレッチ性を持たせたツイル地を使用。職人のハンドメイドによるペイント加工は、リアルブルーワーカーが着古したかのような雰囲気を表現。
ジャケット¥30,240、ショートパンツ¥19,440

 

ALOVER SOUVEINER JACKET

_RK_4062本番

虎や竜などオリエンタルなデザインをモチーフとした刺繍が印象的なスーベ二アジャケット。1950年代のスカジャンに見られたコットンとレーヨンを混紡した生地に、オリジナルの花柄を大胆にプリント。柄と刺繍が一体となった迫力のあるアイテム。
¥49,680

 

BINGO KASURI SET UP

_RK_4093本番

今季の目玉となる備後絣とのセットアップ。備後絣とは、江戸時代末期から受け継がれる3代絣の1つで、日本が世界に誇る伝統工芸として知られる。生地を1から製作する事で、藍色の美しい濃淡を柄で表現する事に成功。
ハッピ¥32,400、ショーツ¥23,760

 

ORIENTAL PATTERN INDIGO SHIRT

_RK_4079本番

コットン+レーヨンを使用して製作したオリエンタルパターンのハワイアンシャツ。大判で描いたオリジナルのパターンは、インディゴ抜染でプリント。インディゴの抜き具合で濃淡を表現した絵柄は、日本の職人が誇る意匠を存分に味わうことが出来る。
¥28,080

 

JACQUARD DENIM SET UP

_RK_4116本番_

ジャガード織機を使用し、刺し子風に織り上げた肉厚のデニム地が魅力なセットアップ。ジャケットは3rdタイプのディテールを踏襲した作りとなっており、アメリカンカジュアルと和のテイストがしっかりとクロスオーバーした。
ジャケット¥32,400、パンツ各¥21,600

 

S/S RAYON SOUVENIR SHIRT

_RK_4127本番

レーヨン100%で仕立てたスーベニアタイプのシャツ。フロントバックともに和テイストの刺繍が施されており、背面の刺繍は針の振り数を変える事で、刺繍に立体感を演出する事が可能となった。レーヨン素材特有のしなやかな肌触りも魅力。全3色で展開。
各¥19,440

 

 

Photo_KENTO MORI(Model),
Styling_RYOTA YAMADA
Hair_AMANO
Model_HUE, LEX, OSCAR, VLAT
Edit_TATSUYA YAMASHIRO

INFORMATION

問:Stewards lane Tokyo
TEL_03-6434-1278
URL_CALEE

POPULAR