GRIND (グラインド)

serch
名称未設定-4-01

CMMN SWDN
for GRIND No.71 issue

デザイナーへのインタビューも敢行
新鋭<コモン スウェーデン>の魅力に迫る

FASHION 2017.03.17

3月20 日からH BEAUTY&YOUTHで始まるポップアップも話題の<コモン スウェーデン>。日本国内での展開もスタートしたばかりで知らない人も多いと思うが、北欧らしいモダンで上品なデザインセンスに裏打ちされたクラシックな仕立てと、様々なカルチャーをMIXさせたハイブリッドなアプローチに、GRINDは確かな可能性を感じているのだ。デザイナー2人へのインタビューも交えながら、<コモン スウェーデン>の魅力をしっかりとお伝えしたい。

_DSC7693 1

CMMN SWDNのスウェードジャケット¥145,800、パンツ¥32,400、H BEAUTY&YOUTHのオープンカラーシャツ¥21,600、ヴィンテージベルト ¥108,000/以上すべてH BEAUTY&YOUTH

 

_DSC7887

CMMN SWDN×H BEAUTY&YOUTHのトラックジャケット¥38,880、トラックパンツ¥29,160/ともにH BEAUTY&YOUTH、
その他/スタイリスト私物

 

_DSC7449

CMMN SWDNのボンバージャケット¥75,600、カーゴパンツ¥32,400、ヴィンテージベルト¥108,000/以上すべてH BEAUTY&YOUTH、
その他/スタイリスト私物

 

_DSC7480

CMMN SWDNのボンバージャケット¥75,600、カーゴパンツ¥32,400、 ヴィンテージベルト¥108,000/以上すべてH BEAUTY&YOUTH

 

_DSC7372

CMMN SWDNのジャケット¥43,200、ダメージパンツ¥30,240/ともにH BEAUTY&YOUTH

 

_DSC8303

CMMN SWDNのジャケット¥37,800、オープンカラーシャツ¥32,400、ショーツ¥21,600/以上すべてH BEAUTY&YOUTH
その他/スタイリスト私物

 

_DSC7982

CMMN SWDNのダメージシャツ¥27,000、CMMN SWDN×H BEAUTY&YOUTHのトラックパンツ¥29,160/ともにH BEAUTY&YOUTH

 

_DSC6923

CMMN SWDNのオープンカラーチェックシャツ¥32,400、H BEAUTY&YOUTHのナイロンイージーパンツ¥24,840/ともにH BEAUTY&YOUTH、
その他/スタイリスト私物

 

 

interview with designers
Saif Bakir and Emma Hedlund

 

 

多国籍、文化交流の街
マルメを拠点にスタート

 独特の感性を持つ北欧発のブランド<コモン スウェーデン>は2012年に2人のデザイナーによってスタートした。設立者のセイフ・バキール、エマ・ヘドルンドの2人は古くからお互いを知る仲で、現在はブランド運営のパートナーであると同時に夫婦としても人生を共にしている。
 その出発点は意外なところにあった。「パリでカニエ・ウエストのデザインチームのトップとしてキャリアをスタートさせたのが2010年です。 カニエのスタジオとレーベルの立ち上げのヘルプをしながら、いつか自分のブランドを持ちたいと思っていました。その後2012年に彼がスタジオをパリからロンドンに移すタイミングで、我々も<コモン スウェーデン>をスタートさせるのに良いタイミングだと考え、スウェーデンに帰国してブランドをスタートさせたんです。マルメという都市でローンチしました。マルメはかつてはただの工業都市でしたが、近年はロンドンのように様々な国籍の人が住み、音楽、アート、カルチャーが入り混じるホットなスポットになっています。だからこそ私たちもこの街を拠点として選びました。今もマルメのカルチャーから刺激を受け、インスピレーションを得ています」。生み出す洋服のカラーリングや様々なムードのミックス感など、彼らはブランドが生まれた土地から多くの影響を受けているのだ。

ロンドンに拠点を移し
ブランドの第2期を過ごす

 マルメでのスタートの後、2014年より彼らはロンドンに活動の拠点を移している。「マルメでローンチングの後、ブランドが世間に知られる様になり、イギリスファッション評議会による若手デザイナー育成プログラム「NEWGEN」に選ばれたんです。その「NEWGEN」の支援によってロンドンファッションウィークメンズ(以前はロンドンコレクションメン)で自分たちのコレクションを披露できる機会を得たことがきっかけでした」。<コモン スウェーデン>はその後も現在に至るまでロンドンファッションウィークを新作発表の場にし、ロンドンの街を拠点に洋服作りを続けている。
 2人のデザイナーによるセンスの融合も<コモン スウェーデン>の特徴だが、実際に2人の役割はどんな風に分かれているのだろう。
 「2人ともデザインから日常のブランドの運営まで、沢山の面で関わっています。洋服作りに関しては、まず最近お互いがどんなものにインスピレーションを受けているのかを自由に見せ合ったりして、それをどの様にコレクションに組み込んでいくかを話し合うことから始まります」。女性服へのノウハウを持つエマは素材やカラーに焦点を置くことが多く、セイフはカットやシルエットに焦点を置くことが多いとのこと。そうしてお互いの得意とするエリアを融合させながら、最終的な方向性やコレクションを2人で決めていくというのが彼らのやり方だ。

自分の作った服を
誰かが着ているということ
その満足感こそブランドを
続ける理由

 ”着ることができるかどうか”。当たり前のことのように聞こえるが、それこそ2人が服作りにおいて最も大事にしていることである。それはつまり、過度なデザインで着ることをためらうようなメンズウエアが溢れている昨今において、彼らはあくまでストリートウエアの根底である”着られるウエア”、”街に合ったウエア”を大切にしているということの表明なのだ。GRINDが共感するのは、まさしくその点である。「デザインする時はもちろん、形、フィット感、素材やカラー等すべての面を考慮します。この仕事で一番やりがいを感じる瞬間は、そうやって自分がデザインしたり作り上げたものを誰かが着ているのを見た時ですね。それこそが最大の評価だと思っていて、一番満足する瞬間でもあり、 ブランドを続けていく理由でもあります」。
 そして、もの作りのインスピレ ーションは訪れた場所から得ることも多いと言う。
 「最近は訪れた国や、そこの多文化な生活環境からインスピレーションを得ることが多いです。その土地特有の色や素材からデザインを始めて、そこから形やシルエットを考えるというアプローチの仕方もしていますね」。

メディナのカオスな雰囲気
活気に溢れたカラフルな
ストリートマーケット

 次に2017年春夏のテーマについて聞いてみた。
 「(2017年春夏コレクションについては)昨年2月に旅行で初めて訪れたモロッコからインスピレーションを受けました。メディナ(モロッコの都市部に残る迷路のような旧市街)のカオスな雰囲気、活気に溢れたカラフルなストリートマーケット、そしてエキゾチックなスパイスの香りや様々な色彩が豊かに混じり合う風景に感動し、すっかり恋に落ちてしまいました。あの国こそが東洋と西洋が真に混じり合う場所だと思います。今回のコレクションも実際、モロッコそのもののイメージの様に、ストライプとチェックを対照的な色使いで組み合わせたもので、オークル、アッシュグレイやヌードトーンにブルーの色合いをミックスし焦げた黄色、ダスティーピンクの組み合わせになっています」。

日本のファッションは
インターナショナルな
目線からしても力強いもの

 カニエ・ウエストのデザインチームからキャリアをスタートし、またそれとは違う独特の感性を持った2人。そんな彼らが影響を受けたデザイナーとは誰なのか。「もちろんまわりのデザイナーの事はいつも見ています。この人、という様な特定の人物はいないかもしれませんが。ミウッチャ・プラダ、ドリス・ヴァン・ノッテンはカラー、素材、カットに特化していて素晴らしいデザイナーだと思います」。日本について。「日本のファッションはインターナショナルな目線からしても力強いもので、おそらく古典的なコンサバな西洋人に一番初めに受け入れられたのが日本人デザイナーではないでしょうか。パリで活躍し続け、次の世代を導いている川久保玲、三宅一生や高田賢三など多くの素晴らしいデザイナーがいます。3月に初めて東京に行くことになって本当に楽しみにしています。東京については良い事ばかり沢山聞いているのでやっと実際に体験できるので待ちきれない! という感じです。伝統的な日本の生活方法はもちろん、ここ数十年の間に形作られてきた日本のユースカルチャーにも興味があります」。
 H BEAUTY&YOUTHでのポップアップは3月20日〜4月3日まで。是非とも足を運んで実際に洋服に触れてみてほしい。

 

 

_10A0191本番

ジャージからミリタリーコートまで、多種多様な洋服たちがセイフとエマのセンスによって<コモン スウェーデン>へと昇華されている。ポップアップに足を運んで手に取れば素材へのこだわりも実感できるはず。
CMMN SWDNのコート¥64,800、シャツ¥32,400 、Tシャツ¥17,280、パンツ¥29,160、トラックジャケット¥38,880/以上すべてH BEAUTY&YOUTH

 

 

Photo_NAOTO KOBAYASHI
Styling_MASATAKA HATTORI
Model_MARCUS、DRAKE
Coordination_MEGUMI YAMANO
Edit_TAKUYA CHIBA、TATUSYA YAMASHIRO

INFORMATION

問:H BEAUTY&YOUTH(東京都港区南青山3-14-17)
TEL_03-6438-5230
URL_http://cmmn-swdn.com/

※ポップアップは3月20日~4月3日まで開催されます。