GRIND (グラインド)

serch
robert-frank_title-copy

Robert Frank: Books and FIlms, 1947- 2016 in Tokyo

写真と本に生きるニ名による歴史的な展覧会が開催

ART EVENT 2016.11.10

20世紀の写真表現を代表する写真家のひとりであり、同世代以降の写真家に多大な影響を与えたロバート・フランク氏。
 
1958年初版の写真集『The Americans』は戦後のアメリカにおいて最も重要な写真集の1つである。静止画のみならず、フィクションとドキュメンタリーの境界の内で作り出される作品群は映画の美学を再定義したとも言われている。

tunnel_01

Robert Frank Tunnel (video still), color and black & white, 4 minutes, 2005 © Robert Frank

goettingen

Robert Frank checking the cover of the Steidl edition of The Americans in Göttingen, 2007 © Gerhard Steidl

 

この度、フランク氏の1947年から2016年にかけて制作された写真や映像作品の展覧会『Robert Frank: Books and FIlms,
1947-2016 in Tokyo』が東京藝術大学大学美術館で開催される。
 
正に氏の写真家として、映像作家としての功績を振り返る貴重な機会になるわけだが、もう一つ興味深い展示も行われる。
 
世界最高峰のアート出版社と呼ばれるシュタイデル社の創始者、ゲルハルト・シュタイデル氏とフランク氏が作った1冊の写真集を生み出す過程に生まれた素材サンプルなど、ここでしか見ることの出来ない貴重な資料が公開されるのだ。
 
シュタイデル氏は1968年、ケルンで開催されたアンディー・ウォーホールの展覧会で、その強烈な色使いに魅了され、同年、地元であるゲッティンゲンでシュタイデル社と印刷所を創設。書籍の編集から、ディレクション、レイアウト、印刷、製本、出版までを自社で行う「総合的」なアプローチで作られる本は“世界一美しい本”として称され、世界中にコレクターを有するだけでなく、そんな彼を追ったドキュメンタリー映画も公開されるほどだ。
 
フランク氏のみならず、シャネル/フェンディのデザイナーであるカール・ラガーフェルドを始めとする世界的なアーティストやクリエイターとの仕事を行ってきた彼はコンタクトを決して電話やメールで済まさず、サンプルなどをバックに詰め込み世界中を駆け回り、ミーティングを行うなど、本に対して完璧を求め続ける。
 

ca© Copyright John McCarthy 2014 左:ロバート・フランク 右:ゲルハルト・シュタイデル
正に人生を本に捧げた男であるシュタイデル氏と、写真会の巨匠フランク氏による歴史的な展覧会と言っても過言ではない。11月23日(水)には、フランク氏を追った新作ドキュメンタリー映画の上映会が行われるなどの催しも開催され、様々な角度から両名の功績や歴史を学べるだろう。

INFORMATION

【Robert Frank: Books and FIlms, 1947-2016 in Tokyo】

DATE_11/11 fri – 11/24 thu
TIME_10:00 – 18:00
PLACE_東京藝術大学大学美術館(東京都台東区上野公園12-8)
URL_steidlxtua.tumblr.com

POPULAR