GRIND (グラインド)

serch
20

Dr.Martens "WORN DIFFERENT"
EVENT REPORT

シーズンコンセプトを伝える
豪華スペシャルイベントをレポ!

EVENT FASHION MUSIC 2017.10.18

少し前の話だが、9月14日に表参道のWALL&WALLで開催された
<Dr.Martens>のイベントをレポートしたい。
これは同ブランドが2017年秋冬のテーマとして掲げている
“Worn Different”というスローガンをより多くに人により深く
知ってもらうために開催していたイベントで、
その肝心要、”Worn Different”とは何かと言えば
差異(Different)を恐れず、個々人のアイデンティティを尊重することで
自己を確立し、社会や環境に流されないタフな反骨精神を以って
ブーツを履こうぜ(Worn)といった意味が込められているのだ。
そんなスローガンを体感してもらうことを目的としたこのイベント、
元々はロンドンで開催されていた同コンセプトのイベントへの
オマージュとして東京で開催されたという。
定番&新作シューズが展示され、DJマユラシカがかける音楽が鳴り響く会場内。
場内が混み合ってきたタイミングでステージ上のスクリーンに
流された今回のキャンペーンのスペシャルムービー(記事下部参照)。
この日のためにUKから来日していた副社長のダレン・キャンベルのスピーチを経て
ジャムバンド「cro-magnon」がステージ上で音を鳴らし始めると
ドラムロールにあわせて異形のモデルたちが突如出現、
スタイリスト高橋ラムダ氏によってスタイリングされた彼らは
ぞろぞろとステージに上がり始める。みんな<Dr.Martens>を履いてはいるが、
それぞれのスタイルはバラバラで、しかしその統一感のなさが
逆に”Worn Different”というスローガンを雄弁に語ってくれていた。
圧巻のファッションインスタレーションのあとは流れるように
「cro-magnon」のライブがスタートし、最後はKILLER TUNES BROADCASTによる
イカしたDJでみんなが踊ってフィニッシュ。
ファッションあり、音楽あり、酒ありの盛り沢山な内容で
会場を出たころにはしっかり酔っ払っていたが、
それでも”Worn Different”というスローガンの意味だけは
今も記憶に留めることができている。

11

40

38

34

9

28

8

37

36

25

32

33

23

21

19

17

16

12

14

15

6

5

3

1

 

 

TEXT_YOHSUKE WATANABE