GRIND (グラインド)

serch
4

MY STYLE, MY Carhartt
for GRIND Vol.84 issue

“dertbag”のデザイナー フィリップ・ポストが語る
<カーハート WIP>のブレない魅力

ART FASHION INTERVIEW MAGAZINE 2018.07.02

大人になった今でも<カーハート WIP>のアイテムは持っておきたい。変わらぬスタンダードとして君臨するこのブランドを自分ならどう着るか。それぞれのスタイルに迫る連載企画。今回登場するのはdertbag(ダートバグ)のデザイナー、フィリップ・ポスト。ニューヨーク・ファッションウィークでランウェイデビューを飾ったばかりのフィリップに<カーハート WIP>の魅力を聞いた。

1

Philip Post

 

 

 

アーティストでありデザイナー。2007年に13歳でdertbagを立ち上げ、その後2013年にストア兼アトリエを彼が生まれ育ったコネチカットにオープンさせる。昨年はカニエ・ウェストのプロジェクトにも参加し、今年2月のNYFWでは彼自身初となるランウェイショーを行い話題に。

DOUBLE KNEE PANT

<カーハート WIP>の代名詞的なダック地を使用したアイテム。ワイドシルエットが存在感抜群であり、様々なスタイルにハマること間違いなし。¥17,280

 

 

Interview

ストリートウェアを作ると言うよりアートを作っている感覚に近いんだ

 

 

 

 

 

2007年にアメリカ、コネチカットでブランドを始めたフィリップ・ポスト。16年から17年にはカニエ・ウェスト率いるYeezyやPABLOTOURにアートディレクターとしても加わっていた。フィリップのクリエイションは洋服のデザインだけにとどまらず、ペイントや写真、楽曲制作も行っているという。様々なことをクリエイティブにこなし自分を表現するライフスタイルにおいてカーハート WIPはどのような存在なのか。自身のブランド、ダートバグのショップ兼アトリエにて話を聞いた。「僕の父はペインターで、幼い頃から絵を描いたりTシャツをプリントしたりすることは僕にとって自然で身近なことだったんだ。僕のブランドは洋服作りだけじゃなくて、好きなものごとを通して世界を認識し創造する為の表現方法のひとつだと思っているんだよね。いわゆるみんなが思うストリートウェアみたいなものじゃなくて、アートを作っている感覚に近いんだ。どういうことが人々に響いてどういうことが響かないのか、日々のクリエイションを通して模索しているよ。僕はカニエとも一緒にプロジェクトをすることもあるし、ホームレスの友人とも関わってもの作りをすることもあるんだ。そういうキャパシティを持っているブランドって他にはないと思うんだよね。実はそういう視点でカーハートからも、インスピレーションをもらうこともあるんだよ。自分の日々の生活や経験を反映して生まれるのが僕のクリエイションだね」。

 

根本的な方向性は違っているけどタイムレスな部分は共通点だと思う

 

 

 

 

 

ペイントする時にいつも履いているというカーハートのダブルニーパンツ。自身もブランドを持つ者として、<カーハート WIP>の印象や共通点などを聞いてみた。「そもそも僕がカーハートに出会ったのは高校生の時で、友達がUSEDの青いポケットシャツをくれたんだ。当時そのシャツをものすごく気に入っていて毎日の様に着ていたよ。今日僕が履いているパンツは去年スリフトショップで買ったものなんだけど、ペイントしたりプリントしたりする時はいつもこれを履いてるんだ。カーハートのパンツはデザインも好きだけど、実用的でタフでポケットがたくさんついている所が好きなんだ。今回合わせたこのTシャツは友達のマットが僕のために作ってくれ、ランウェイでも使ったカモ柄のセルビッチでブランドのロゴを型どって飾りを施してくれた、世界にひとつしかないTシャツなんだ。カーハートみたいにベーシックなパンツだと、こういうTシャツもよく映えるだろ。グラフィカルな部分だったり、モダンなデザインやシルエットが<カーハート WIP>の持つカーハートとの違いだと思うよ。より洗練されている印象があって僕はどちらかというとWIPのほう好きだね。僕のブランドとカーハートでは根本的な方向性は違うかもしれないけれど、タイムレスな部分は共通点だと思っているよ。僕は間違いなくカーハートからも影響を受けているし、もしいつか自分のクリエイションと<カーハート WIP>とで何かコラボできたら嬉しいな」。

 

 

 

 

 

PHOTO_TAKESHI MATSUMI

INFORMATION

問_Carhartt WIP Store Tokyo
TEL_03-3402-9810
URL_http://www.carhartt-wip.jp/